バイオフローラ研究所

買い物かごを見る

マイページ

新規会員登録

 

コラム

乳酸菌生産物質と乳酸菌の違いを詳しく知ろう!

乳酸菌生産物質は乳酸菌と混同されがちですが、実は全くの別物です。乳酸菌生産物質について詳しく紹介し、乳酸菌との違いを解説しますので、どうぞご覧ください。

乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌生産物質とは?

細菌類は死滅するまでに、様々な物質を放出しています。「乳酸菌生産物質」とは、その細菌類(乳酸菌)から作り出された物質の総称です。乳酸菌が生産する物質ですので「乳酸菌生産物質」と言います。

乳酸菌という種類の菌がいるのではなく、人間の腸内に存在する善玉菌のことを「乳酸菌」と呼んでいます。乳酸菌生産物質は、乳酸菌から生まれた代謝物質とも表現することができ、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌といった善玉菌が発酵する過程で生み出されます。

乳酸菌生産物質と乳酸菌の違い

乳酸菌生産物質と乳酸菌の違い

乳酸菌は、円柱状(桿菌)または球状(球菌)で、グラム陽性、カタラーゼ陰性反応を示します。胞子を作らず、一般的に運動性はありません。消費したブドウ糖の50%を乳酸として代謝排出する、安全性の高い菌と定義されています。乳酸菌は腸内環境を整えるのに役立ちますが、胃液の影響を受けやすいため、簡単には腸内に定着させることができません。

一方、乳酸菌生産物質は、乳酸菌とは異なり生きた菌ではないため、胃液の影響をあまり受けず、腸内に定着しやすいといわれています。乳酸菌生産物質をダイレクトに摂取するには、サプリメントの活用をご検討ください。

バイオフローラ研究所では、乳酸菌生産物質に着目した製品をご用意しています。原液と顆粒とカプセルがありますので、お好みに合わせて選択することができます。製品についてご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

乳酸菌生産物質と乳酸菌の違いを理解し、食生活のサポートとして上手に摂取することをおすすめします。乳酸菌生産物質を活用したサプリメントをお探しでしたら、バイオフローラ研究所をご利用ください。

バイオクイーンは原液ですので酸味が強く、水で薄めて飲むタイプです。バイオクイーンZは飲みやすいレモン味にサイクロデキストリン加工がされた、顆粒タイプです。サプリメントは医薬品ではありませんので、用法・容量に決まりはありませんが、普段の食事をメインにサポートとしてご活用ください。

乳酸菌生産物質を活用したサプリメントをお探しの方へ

会社名 株式会社バイオフローラ研究所
代表者 財木由美子
住所 〒602-8483 京都府京都市上京区杉若町674
TEL(フリーダイヤル) 0120-238-873
FAX(フリー) 0120-238-874
E-mail info@bioflora.jp
URL https://www.bioflora.jp

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※赤色の日程が休業日となります。

ページトップへ