バイオフローラ研究所

買い物かごを見る

マイページ

新規会員登録

 

コラム

乳酸菌生産物質の原液「バイオクイーン」とは

乳酸菌が腸内で活動する過程で出す酵素のような代謝物質を「乳酸菌生産物質」といいます。バイオクイーンは、16~21種類もの善玉菌たちが生み出した乳酸菌生産物質の原液です。こちらでは、バイオクイーンの魅力をご紹介します。

バイオクイーンの魅力

バイオクイーンの魅力

共棲培養

共棲培養とは、何種類もの微生物を同時に育てて培養する方法です。1種類で育てるよりも育成が促進され、増殖力が強まります。

それぞれの微生物が持つ性質や特徴などにより、反発したり死滅したりするためとても難しい発酵法ですが、バイオフローラ研究所では長年培われてきた研究の成果により、相性が良く、生育も良い組み合わせを探し、培養する技術を獲得しました。

培地

共棲培養を行うためには、栄養豊富な培地が必要です。善玉菌は化学肥料や農薬に弱いことから、培地に使う大豆は有機栽培されたものに限ります。

バイオフローラ研究所では毎年、候補地で育てられた大豆の中から最高のものを選択し、その大豆で作った豆乳を培地としています。豆乳を作る際、おからと豆乳に分けるのではなく、丸大豆をそのまま大豆粉へと加工して豆乳様培地を作成しているため、大豆そのものの成分をすべて活用することが可能です。

原液

バイオクイーンは、16~21種類もの善玉菌たちが生み出した乳酸菌生産物質の原液です。他の物質は一切入っておらず、希薄もしていません。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方

健康食品のため、量や飲み方に決まりはありません。しかし、原液では酸味が強く飲みづらいため、水や白湯などで薄めることをおすすめします。開封後は冷蔵庫で保管し、なるべく早い時期にお飲みください。

乳酸菌生産物質に興味があるという方は、バイオフローラ研究所の公式オンラインショップからお買い求めください。定期お届けコースもご用意しています。

原液のままでは飲みづらいという方に顆粒タイプもご用意しており、レモンCD(サイクロデキストリン)が加工されているため、そのままでも美味しく召し上がっていただけます。皆さまの健康維持のサポートに、ぜひバイオフローラ研究所のバイオクイーンをご活用ください。

乳酸菌生産物質の原液「バイオクイーン」を販売

会社名 株式会社バイオフローラ研究所
代表者 財木由美子
住所 〒602-8483 京都府京都市上京区杉若町674
TEL(フリーダイヤル) 0120-238-873
FAX(フリー) 0120-238-874
E-mail info@bioflora.jp
URL https://www.bioflora.jp

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※赤色の日程が休業日となります。

ページトップへ